特設エッセイ『羽生結弦は助走をしない』~羽生結弦を語り足りない~ 第13回

羽生結弦が歴史を刻んだ「平昌のショートプログラム」を振り返ってみた

高山真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

●足替えのシットスピンのあと、バックエッジの滑らかさや大きさを右足・左足それぞれの片足で見せる。で、右足のバックエッジがフォアエッジに変わる瞬間に、ピアノのもっとも高い音を合わせている。

「エッジが、曲を奏でる」ということに、細部まで向き合ったプログラムであることに感激します。

 

●トリプルアクセルの前後のトランジション。ルール上は、トリプルアクセルの前にも後にも、ステップを入れる必要はありません。が、羽生はリンクの対角線をほぼいっぱいに使ってステップを踏んだ後、トリプルアクセルを跳びます。

 見事なバックアウトエッジでジャンプを着氷した後、スピード豊かな流れのままに、バックインサイドへとチェンジエッジ。そしてすぐ、なめらかにフォアエッジに移行、2回転分のターンを入れています。ここまでが、着氷した足でおこなうトランジションになっています。

 着氷後から、2回転分のターンが終わるまでの距離の長さと、充分に保たれているスピードも、羽生結弦のオリジナリティのひとつに挙げたいと思います。

 また、バックアウトからバックインへとチェンジエッジするときは、ややタメが入るようなピアノの音、そのピアノが華やかにこぼれるような音に変わったところでターンに入るという、音楽との同調性も素晴らしい。

「このエッジワークには、こういう『音』が似合う」という、明確な主張を、トリプルアクセルのトランジションにも入れてきているのを感じます。これも羽生結弦のオリジナリティだなと強く感じます。

 

●ターンの連続からの、4回転+3回転のコンビネーションジャンプ。2番目のジャンプのトリプルトゥは、両手を上げたポジション。もちろんジャンプそのものの難度も上がりますが、それ以上に、着氷した瞬間のアームの表現が素晴らしい。

 着氷のバランスをとるために両腕を広げているのではなく、「叩きつけるようなピアノの音との同調性」の表現として、アームを使っているのがはっきりわかる。非常に熟練性が高いと思います。

 

●ステップシークエンスは、要素の実施順に「ツボ」を書いていきます。

 ■序盤の、羽生のナチュラルな回転方向とは逆の、時計回りのターン。

 これは2015-16年シーズンの演技とも共通するムーヴですが、2シーズン前と比べて、このターンが非常にシャープになっている。そして、「きっちり1回転ターンしている」ということが、よりはっきり見えるようになっています。

 加えて、アームの表現! シャープなターンと連動するかのように、かつ、音楽の盛り上がりどころとリンクするかのように、情熱的かつエレガントになっています。

 このステップシークエンス全体に言えることですが、「非常にクリアな足さばきでありながら、一足ごとにパッションの温度が上がっていく」この感じ、私は「クリスタルが沸騰している」というイメージを持っています。

 ■小さなホップ(このホップの瞬間の、ピアノの音との同調性も見事)から直ちに行う、右足だけで異なるターンを踏み続ける箇所。

 ひとつひとつのターンが明確なのはもちろん、右足だけで出している距離の長さが素晴らしい。

 ■プログラムの最初のムーヴとリンクするかのような、充分に態勢を保持したブラケットターン。

 ■インサイドのイナバウアー。なんと言うか、「途中まではターン。いつの間にかイナバウアー」という感じの、非常にシームレスな実施。イナバウアーに入る直前の右足が、遠心力をガッツリ使って外側に振っているのにビックリ。
 右足が氷に着くまでは、その遠心力ゆえに「かなり体軸の外側にブレてしまうのではないか」と思うのに、右足が氷をとらえるや、なめらかなイナバウアーのトレースに一瞬で入っている。こういった「さばき方」も、羽生結弦のオリジナリティのひとつに挙げたいと思います。
 イナバウアーやイーグルで、エッジワークの上手さを魅せる選手が私は大好きなのですが、ほとんどの選手は、「左右それぞれの足をピタッと着氷させてから、グイン!と加速する」さばき方です。

次ページ  バラ1のなかの「Let’s Go Crazy」
1 2 3 4
 第12回
第14回 
特設エッセイ『羽生結弦は助走をしない』~羽生結弦を語り足りない~

長年フィギュアを見続けてきた生粋のスケートファンである高山真が、 超絶マニアックな視点で語る『羽生結弦は助走をしない』(2018年1月17日発売)。まだまだ羽生のスケーティングを、そして日本フィギュアを語り尽くします!

関連書籍

羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界

プロフィール

高山真
エッセイスト。東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業後、出版社で編集に携わる。著書に『恋愛がらみ。不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ』『愛は毒か 毒が愛か』など。
 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

羽生結弦が歴史を刻んだ「平昌のショートプログラム」を振り返ってみた

;