特設エッセイ『羽生結弦は助走をしない』~羽生結弦を語り足りない~ 第14回

手術を終えた高山真よりご挨拶申し上げます…

高山真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

 手術自体は無事に終わりました。

 今回の手術が、腫瘍に対してどれだけ効果的だったか。それがはっきりしてくるのはもう少し後のことですが、とりあえず、病室に持ち込んでいたパソコンのキーボードをこうして打てるようにはなりました。

 おなかをガッツリ開けた手術でして、その痛みもまだまだ残っている段階ですので、「羽生結弦の平昌のフリープログラム」にしっかり向き合った原稿は、もう少しお待ちいただけますでしょうか。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。

 ただ、私としては、短時間とはいえこんなに早くパソコンに向き合う時間が取れたことで、ますます前向きな気持ちになっています。医者の言うことをよく聞いて、適度に自分を甘やかしつつ、ベストな選択をしていけたらな、と。

 私はSNSなどに非常に疎い人間ですが、ツイッターなどで私の体調のことを気にかけてくださっていた方がたくさんいらしたことを、先ほど集英社の担当編集の方から聞きました。アマゾンのレビューも本当にうれしく拝読しております。私にとっては医者からのケアと同じくらいのクスリです。本当にありがとうございます。

 ケアを最優先することが、結局は皆さんへ原稿を早くお届けする一番いい方法である…。そう言い聞かせて、養生に努めたいと思います。

 取り急ぎご報告とお礼まで…。本当にありがとうございました。

 第13回
特設エッセイ『羽生結弦は助走をしない』~羽生結弦を語り足りない~

長年フィギュアを見続けてきた生粋のスケートファンである高山真が、 超絶マニアックな視点で語る『羽生結弦は助走をしない』(2018年1月17日発売)。まだまだ羽生のスケーティングを、そして日本フィギュアを語り尽くします!

関連書籍

羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界

プロフィール

高山真
エッセイスト。東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業後、出版社で編集に携わる。著書に『恋愛がらみ。不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ』『愛は毒か 毒が愛か』など。
 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

手術を終えた高山真よりご挨拶申し上げます…