特設エッセイ『羽生結弦は助走をしない』~羽生結弦を語り足りない~ 第16回

『羽生結弦は助走をしない』著者・高山真が振り返る、羽生結弦の平昌五輪フリーの「奇跡」

高山真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

 ●リンクの短辺を往復するほど、たっぷりとったトランジションから跳ぶ4回転サルコー。跳ぶ直前まで、雅楽器の旋律やリズムに乗せて、左右の足を踏み替えてターンをしているのに、ジャンプの踏み切りの瞬間はまったく力みのないものになっている。「力」でははなく、「スケートの流れの中でとるタイミング」で跳ぶジャンプ。

 細く真っすぐな回転軸、着氷後の流れの見事さも素晴らしい。

 

 ●サルコーを跳んだ後の、両ひざを曲げた状態のイナバウアー。「途中まではターン。いつの間にかアウトサイドのイナバウアー」という非常にシームレスな実施。

 ショートプログラムのステップシークエンスの中で、「途中まではターン。いつの間にかインサイドのイナバウアー」という要素を見せている羽生ですが、足を含めた体を回転させながらエッジをさばいているのに、イナバウアーに入った瞬間にピタッとイナバウアーのトレースに乗せている(遠心力で体が外側に振れるのを一瞬で抑えている)のは、何度見ても「何が起こっているのか」という素敵な驚きがあります。

 また、このイナバウアーの体勢から、今度はいつの間にかイーグルの態勢に変化させていくのです。

 ちょっと長い話になってしまうことをお許しください。個人的に私が好きなエッジワークは、大きく分ければ2つあります。

次ページ  羽生のエッジワークは「信号」と「夕焼け」
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
 第15回
第17回 
特設エッセイ『羽生結弦は助走をしない』~羽生結弦を語り足りない~

長年フィギュアを見続けてきた生粋のスケートファンである高山真が、 超絶マニアックな視点で語る『羽生結弦は助走をしない』(2018年1月17日発売)。まだまだ羽生のスケーティングを、そして日本フィギュアを語り尽くします!

関連書籍

羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界

プロフィール

高山真
エッセイスト。東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業後、出版社で編集に携わる。著書に『恋愛がらみ。不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ』『愛は毒か 毒が愛か』など。
 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

『羽生結弦は助走をしない』著者・高山真が振り返る、羽生結弦の平昌五輪フリーの「奇跡」

;