特設エッセイ『羽生結弦は助走をしない』~羽生結弦を語り足りない~ 第16回

『羽生結弦は助走をしない』著者・高山真が振り返る、羽生結弦の平昌五輪フリーの「奇跡」

高山真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

●リンクの長辺をいっぱいに使った4回転トウのトランジション。ジャンプを跳ぶ直前まで濃密にコネクティングステップを踏んでいるのに、そのステップが非常にエアリーなため、「とても難しいことをしている」ことを一瞬忘れてしまいそうになるほどです。また、最初の4回転サルコーもこの4回転トウも、ショートプログラムで跳んだときとはコネクティングステップのパターンをきっちり変えてきているのも見事です。

 

●トリプルフリップの前にも後にも入っている、濃密なトランジション。

「ジャンプ前からおこなっているターンが、3回転分だけは空中に浮いている」といった感じの実施。バックアウトエッジで着氷した後は、着氷の流れのままにそのエッジをバックインエッジにチェンジエッジしてから、エッジを前向きに。さらにそこからターンを入れている。

 着氷後のトランジションは、ショートプログラムにおけるトリプルアクセルの着氷後のそれと、タイプとしては同じです(ショートプログラムのトリプルアクセルは、着氷後前向きになってからのターンが1回転ではなく2回転ですが)。

 1シーズン前のフリー『Hope & Legacy』のトリプルフリップは、着氷後のトランジションが、跳ぶ前のトランジションと呼応するようなターンでした。「ジャンプを軸に鏡に映したような」と言いますか「ロールシャッハのインク絵の、美しい模様のような」と言いますか……。

 軽やかさや繊細さが曲想として前面に出てくる『Hope & Legacy』と、荘厳さや重厚さを感じる『SEIMEI』とで、トランジションを変えてくる。音楽表現としてのエッジワークで、これができる強さ……。

 

●トリプルフリップのトランジションが終わって即座に入る、フライングキャメルからの足替えのコンビネーションスピン。この中で、2017年のロシア杯では入れていたビールマンスピンを外しています。

 6分間練習のときに、「ケガが治りきっていないどころか、ギリギリの状態なのではないか」と感じたのですが、それが確信に近いものになった瞬間でした。男子選手の本来の柔軟性を鑑みると、「スピンの難しいポジション」の中でも突出して足腰に負担をかけるのがビールマンスピンであると私は思っているからです。

 ここから私は、もう両手を合わせて祈るような気持ちになったことを覚えています。

 スピンの後に入れたトランジションは、インサイドのイナバウアー。スピンの「出」にも気を抜かないプログラムデザインです。

次ページ  フィギュアスケートならではの表現
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
 第15回
特設エッセイ『羽生結弦は助走をしない』~羽生結弦を語り足りない~

長年フィギュアを見続けてきた生粋のスケートファンである高山真が、 超絶マニアックな視点で語る『羽生結弦は助走をしない』(2018年1月17日発売)。まだまだ羽生のスケーティングを、そして日本フィギュアを語り尽くします!

関連書籍

羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界

プロフィール

高山真
エッセイスト。東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業後、出版社で編集に携わる。著書に『恋愛がらみ。不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ』『愛は毒か 毒が愛か』など。
 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

『羽生結弦は助走をしない』著者・高山真が振り返る、羽生結弦の平昌五輪フリーの「奇跡」

;