特設エッセイ『羽生結弦は助走をしない』~羽生結弦を語り足りない~ 第16回

『羽生結弦は助走をしない』著者・高山真が振り返る、羽生結弦の平昌五輪フリーの「奇跡」

高山真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

●ステップシークエンスは、要素の実施順に「ツボ」を書いていきます。

 ■ひとつひとつのステップを明確に行いながら、どんどんスピードが速くなっていく。個人的には、左足のひざを曲げ右足を伸ばし、足のポジションが「への字」の形になるムーヴズ・イン・ザ・フィールド(右足はかかと部分のエッジだけで滑ります)の直前、時計回りに「フォア~バック~フォア~バック」と、きれいに180度ずつターンしていく部分のなめらかさが好きです。

 ■「への字」から、インサイドのベスティスクワットイーグル、そして時計回りのターンへ。この一連の流れの見事さ。この3つの要素が、先ほどの「イナバウアーがいつの間にかイーグルに」に続き、またしても「いつの間にか次の足さばきに変わっている」というシームレスさで息をのみます。

 上半身は非常にくっきりしたコントラストでこの3つのムーヴをこなし、ひざから下、足首から下は流れるようなつながりになっているのも素晴らしい。

 ■顔を上に上げながらホップした直後の、左足のアウトエッジの深さ。

 ■時計回りのツイズルから始まる、異なった種類のエッジワークの組み合わせ。

 ■上半身を倒さない(体重をかけにくい)形で行う、「神官がすり足で進んでいる」ようなイメージの足さばき。「体重をかけにくい」ということは、「進行方向へのスピードが落ちやすい」ということですが、見事にスピードをキープしています。

 ■ステップシークエンス全体のスピードも、2015~16年シーズンと比べてはっきり上がっている。

 

●プログラム後半に入れた4回転サルコーからトリプルトウのコンビネーションジャンプ。リアルタイムで見ていたときは、とにかく「足、最後までこらえてほしい!」という思いだけでしたので、着氷の瞬間はただただ拍手をするばかりでした。あらためて見返してみると、プログラム後半にもかかわらず、力みのない鋭い踏み切りと、細くてまっすぐな回転軸のジャンプに見惚れるばかりです。

 また、このコンビネーションジャンプのあとに入れたアウトサイドのイーグルまでの足さばきと、曲の旋律(リズムというよりは音符)の同調性も素晴らしい。プログラム後半の大技のあとにも、こういった「足さばきを厳密に曲に合わせていくことで生まれる、フィギュアスケートならではの表現」を追求していると感じ入ります。

次ページ  トリプルアクセルへの絶対的な自信
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10
 第15回
特設エッセイ『羽生結弦は助走をしない』~羽生結弦を語り足りない~

長年フィギュアを見続けてきた生粋のスケートファンである高山真が、 超絶マニアックな視点で語る『羽生結弦は助走をしない』(2018年1月17日発売)。まだまだ羽生のスケーティングを、そして日本フィギュアを語り尽くします!

関連書籍

羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界

プロフィール

高山真
エッセイスト。東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業後、出版社で編集に携わる。著書に『恋愛がらみ。不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ』『愛は毒か 毒が愛か』など。
 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

『羽生結弦は助走をしない』著者・高山真が振り返る、羽生結弦の平昌五輪フリーの「奇跡」

;