特設エッセイ『羽生結弦は助走をしない』~羽生結弦を語り足りない~ 第19回

想像を絶する難易度! オータムクラシックの羽生結弦のプログラムに込めた「思い」とは…

高山真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

■フリー

●すべてのジャンプのトランジションが、褒め言葉として使いますが、ますます異常なレベルに突入しています。

 ループ、サルコー、トウループの3種類の4回転ジャンプに関しては、異常なレベルとは言いつつも、「これから4回転に入るのだろう」とかろうじて想像ができるトランジションなのですが、トリプルアクセルとトリプルループに関しては、「これがジャンプに入る前のトランジションなのか」と、画面を通して見たものが完全には信じられなかったほどでした。「Webスポルティーバ」で素晴らしい記事を配信なさっている折山淑美氏の、

「まるでコレオシークエンスの中にトリプルアクセルが入り込んでいるような内容だ」

 という言葉には、ただただうなずくしかありません。

 特に、ひとつめのトリプルアクセルを、アウトサイドのイーグルからカウンターを入れて跳んだ瞬間には、思わず声が出てしまいました。

 

●コンビネーションスピンにいく前の、シットポジションでのツイズル。終盤の、ハイドロブレーディングからデスドロップなど、ジャンプ前後のトランジションにも目を見張るものがありました。ジャンプやスピン、そしてスケーティング、そのすべてを磨き上げているからこそ、さまざまな組み合わせ方ができる……、そのことを言葉ではなく演技で見せてもらっている気がします。

 

●エッジを動かさないことで成立するムーヴス・イン・ザ・フィールドと、エッジをクリアに動かすからこそ成立するターンやステップ。それぞれの密度の高さも、組み合わせることで生まれる密度の高さも、凄まじい。それがプログラム全編にわたって貫かれています。見ている側でさえ息詰まるような濃密さです。

 

次ページ  “現時点での、自分の限界”を超えるスケート
1 2 3 4
 第18回
第20回 
特設エッセイ『羽生結弦は助走をしない』~羽生結弦を語り足りない~

長年フィギュアを見続けてきた生粋のスケートファンである高山真が、 超絶マニアックな視点で語る『羽生結弦は助走をしない』(2018年1月17日発売)。まだまだ羽生のスケーティングを、そして日本フィギュアを語り尽くします!

関連書籍

羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界

プロフィール

高山真
エッセイスト。東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業後、出版社で編集に携わる。著書に『恋愛がらみ。不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ』『愛は毒か 毒が愛か』など。
 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

想像を絶する難易度! オータムクラシックの羽生結弦のプログラムに込めた「思い」とは…

;