特設エッセイ『羽生結弦は助走をしない』~羽生結弦を語り足りない~ 第2回

エッセイストから言葉を奪う、羽生結弦の『ノッテ・ステラータ』をあえて言葉にしてみた

高山真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

「フィギュアスケートは美しいスポーツである」

 この言葉には、ほとんどの人がうなずくことでしょう。

 ただ同時に、「美しい」という言葉は非常に難しいというか、やっかいなもので、その基準だったり好みだったりは、人それぞれに違います。

 絵画を例に挙げるなら、クリムトの『接吻』と、ゴヤの『我が子を食らうサトゥルヌス』。私はどちらも大好きな作品ですが、両者から受けるイメージは、当然のごとく同じではありません。

『接吻』から私が感じるのは、息詰まるような官能性と、その中にひっそり息づく、ある種のはかなさ。『我が子を食らうサトゥルヌス』から感じるのは、圧倒的な不穏さ、不吉さと、その中にある哀しみ。そのふたつの絵画を、「ひとつの基準」でもって優劣をつけたりすることは、私にはできない。ただただ、「どちらも、それぞれに素晴らしい」と感じるばかりなのです。

 

 さて、話をフィギュアスケートに戻しましょう。

 フィギュアスケートは、クリムト的なプログラムを演じるスケーターもいれば、ゴヤ的なプログラムを演じるスケーターもいます。そして、審判たちは、仮に自分がクリムト的なプログラムが好きであったとしても、それよりもクオリティの高いゴヤ的なプログラムのほうを高く評価するわけです。つくづく、

「大変な任務だなあ」

 と思います。

 もちろん私は審判の資格など有しておりません。単なる観客にすぎないのですが、選手全員をリスペクトする以上、それぞれに違うプログラムの、それぞれの美しさを見出したい、と強く思っているのです。

 そんな私にとって、「美しいプログラム」は、さらに2種類に分かれます。

 ひとつは「言葉を尽くして、その素晴らしさを語りたくなるプログラム」。

 私にとって、羽生結弦という選手はそういうプログラムの宝庫みたいな存在でして、拙著『羽生結弦は助走をしない』でも、2010年ジュニア世界選手権のフリーから、自分なりの「ツボ」を詳細に書いているつもりです。ちょっと言い方を変えれば、「私に言葉を与えてくれるプログラム」と言ってもいいかもしれません。

 そしてもうひとつは、「私から言葉を失わせてしまうプログラム」です。

 一応、私も文筆業の端くれですので、

「『美しい』以外の言葉を使って、美しさを表現できなければ、言葉を使うプロとは言えない」

 と、自分なりのルールを定めているのですが、こういうプログラムを見ると、言葉より先にため息が出てしまい、結局最後まで言葉を探しあぐねてしまう……。そんな美しさと言いますか。

 私にとって、羽生結弦のプログラムの中で、そんなプログラムの筆頭格は、エキシビションのプログラム、『ノッテ・ステラータ』です。今回は、このプログラムの自分の「ツボ」を書くことに挑戦したいと思います。

次ページ  バレエからインスパイア
1 2 3
 第1回
第3回 
特設エッセイ『羽生結弦は助走をしない』~羽生結弦を語り足りない~

長年フィギュアを見続けてきた生粋のスケートファンである高山真が、 超絶マニアックな視点で語る『羽生結弦は助走をしない』(2018年1月17日発売)。まだまだ羽生のスケーティングを、そして日本フィギュアを語り尽くします!

関連書籍

羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界

プロフィール

高山真
エッセイスト。東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業後、出版社で編集に携わる。著書に『恋愛がらみ。不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ』『愛は毒か 毒が愛か』など。
 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

エッセイストから言葉を奪う、羽生結弦の『ノッテ・ステラータ』をあえて言葉にしてみた