著者インタビュー

コンプレックスは創造に必要なものです

コミュ障だった吉田照美に訊く「話し方」の極意

吉田照美
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

名ラジオパーソナリティの吉田照美は、若い頃は「コミュニケーション障害」だった。

『「コミュ障」だった僕が学んだ話し方』(集英社新書)は、そんな彼が編み出したコミュ障ならではの会話術を明かした一冊だ。

 

吉田照美

「コミュ障」になったきっかけは、好きな子にフラれたことだという

─本書の中で明かされていますが、ラジオやテレビでご活躍する吉田照美さんが、過去に「コミュニケーション障害」だったとは本当に驚きました。

吉田 小学校時代はわりと勉強ができたほうですし、背も高くて陽気な性格だったんですよ。小5のときには学級委員に選ばれたりして。けど、中学校に入学すると、当然ながら環境がガラリと変わるじゃないですか。私は第一次ベビーブーマーの最後だったので、1学年に10クラスあって、生徒数も学年だけで約500人。小学生の頃は勉強に自信があったのに、中学の成績は100から150番目をウロウロする程度。特に運動神経がいいわけでもなかったので、段々と取り柄がなくなってしまったんですよね。

自信が持てなくなったことで、性格は暗くなり、コンプレックスも抱くようになった。それを決定づけたのは、クラスメイトの女の子に片思いをしてから。というのも、その子は別の同級生に思いを寄せていたのですが、彼は勉強ができて運動神経がよく、尚かつイケメンという、まさに非の打ち所のない好青年。そんな彼と比較するうちに、「自分はなんてダメなヤツなんだ」と思い込むようになってしまいました。

さらに高校受験でも、その女の子は進学校に進み、私は中程度の公立高校。私が抱くコンプレックスは、ますます強くなっていきました。

─失意の吉田少年は、どんな高校生活を送ったのでしょうか?

吉田 難関大学に入学すれば、「その子に振り返ってもらえるかも」と思い、友達もあまり作らず、ずっと勉強に打ち込んでいました。ここを早く脱出して、大学で夢のようなキャンパスライフを送ろうと夢見ていたのですが……大学受験に失敗。やむなく浪人生活に入ることになってしまったのです。学生でも社会人でもないという、浪人生の曖昧な立ち位置は本当に辛かったですね。アイデンティティを見失い、余計にコミュニケーション障害が悪化してしまった。誰とも会いたくないし、勉強中に幻聴が聞こえるほどになったんです。軽いノイローゼ状態だったのでしょう。

─大学に合格した後、アナウンス研究会に入ったんですよね。症状は良くなっていたのでしょうか。

吉田 いえ、そういうわけではないし、別にアナウンサーを目指していたわけでもなかったんです。アナ研に入った理由は本当に単純で、「普通にしゃべることができるようになりたい」と思ったから。当時は金融系の企業に勤めようと考えていたのですが、浪人生時代にほとんど人と会話していなかったので、このまま社会人になってもきっと使い物にならない。最低限、人前でちゃんと話すことができるようになろうと思ったんです。

─まさに、それが吉田さんの人生のターニングポイントだったんですね。アナウンス研究会に入ったことで、何が変わりました?

吉田 すぐに大きな変化があったというわけではありませんでした。アナ研に入れば、発声法や早口言葉、ニュース原稿の読み方などを学べるわけですから、劇的にしゃべりがうまくなると思ったんですよ。けど、やっぱり漫然とやっていてもダメなわけで。努力しなければうまくならないと気付くまでに、かなり時間がかかりました。

最初に挫折したのは、大学1年生のときに参加した夏合宿。アナ研主催のアナウンスコンテストがあって、原稿読みは何とかこなせたのですが、持ち時間2、3分のフリートークで大失敗をしてしまった。絶句したまま、何もしゃべれなかったんです。そのときの様子はオープンリールテープで今も保存されていると思うのですが、焼いてしまいたいくらいトラウマになっていますよ(笑)。そんな屈辱をもう二度と味わいたくないと思い、4年生の先輩に相談したところ、アナウンスアカデミーを紹介してくれたのです。

次ページ  自分の声を客観的に分析した
1 2

関連書籍

『「コミュ障」だった僕が学んだ話し方』

プロフィール

吉田照美

1951年生まれ、東京都葛飾区出身。
早稲田大学政治経済学部卒業後、文化放送にアナウンサーとして入社。ラジオ番組『セイ! ヤング』『吉田照美の夜はこれから てるてるワイド』などのパーソナリティ、テレビ番組『夕やけニャンニャン』、『ぴったし カン・カン』の司会などで知られる。著書に『ラジオマン』(ぴあ)がある

 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

コンプレックスは創造に必要なものです

;