インタビューより

日本近代の〝記憶の痕跡〟をたどる