著者インタビュー

新人漫画家への心得の書【前編】

『読者ハ読ムナ(笑)』 企画者・武者正昭氏インタビュー

武者正昭
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

ムクチキンシ(無口禁止)——。仕事場に、そんな不思議なポスターを貼っている有名漫画家がいる。『うしおととら』『からくりサーカス』などの作品がある、藤田和日郎氏だ。藤田氏の仕事場には、他にも数々の独特なルールが存在し、その仕事場からは次々と漫画家たちがプロデビューを果たしている。

2016年7月に刊行された『読者ハ読ムナ(笑):いかにして藤田和日郎の新人アシスタントが漫画家になったか』は、そんな藤田和日郎氏の仕事場のルールを詳細に明かしているのみでなく、漫画編集者への向き合い方やアドバイスの聞き方、作品の磨き方まで網羅的に記した「新人漫画家の虎の巻」である。

漫画家と漫画編集者とのやり取りを赤裸々に明かした本書を出版するに至った狙いは何なのか? 企画者にして藤田和日郎氏の初代担当である漫画編集者・武者正昭氏にインタビューを行った。

『読者ハ読ムナ(笑):いかにして藤田和日郎の新人アシスタントが漫画家になったか』(小学館、藤田和日郎・著/飯田一史・構成)の企画者・武者正昭氏

——「まえがき」には、この本の企画を最初に立案したのは武者さんだと書かれています。企画に至るまでの経緯を詳しく伺えますか?

武者:そもそも藤田和日郎さんという漫画家自身が、新人に対してすごく思い入れがある方なんです。何度ネーム(下書き)を持って行っても編集者がOKを出さなくて、連載を勝ち取れない日々が続き、と自分自身が新人の頃にとても苦労した思い出があるから。

……まぁ、要するに私(初代担当)が苦労させたんですけどね!!

——(笑)。

武者:とにかく、それで彼は新人の気持ちがよくわかり、自分の所にアシスタントに来る新人たちへの想いも人一倍強いんです。

新人漫画家たちには、割と共通した悩みや不安が多い。藤田さんはそれを日頃から見聞きしていました。私も職業柄、数多の新人漫画家たちと日々接しています。そんな彼ら、彼女らに向けたアドバイスを、せっかくの機会だからまとめようか、ということで彼に相談して、実現しました。

次ページ  原形になった伝説の「武者メモ」!?
1 2 3 4 5
次の回へ 

関連書籍

『読者ハ読ムナ(笑):いかにして藤田和日郎の新人アシスタントは漫画家になったか』

プロフィール

武者正昭

1957年東京都生まれ。早稲田大学卒。1981年(株)小学館に入社。「少年サンデー」「ヤングサンデー」「ビッグコミック」「ビッグコミックスピリッツ」など、これまで編集として数多くのマンガ誌に携わり、「flowers」「Cheese!」では編集長を務めた。編集としてのキャリアは30年を超える。これまで輩出したミリオンセラー作家は、『健太やります!』の満田拓也、『行け!!南国アイスホッケー部』の久米田康治、安西信行、菊田洋之、きらたかし、なかいま強、『うしおととら』の藤田和日郎、『海猿』の小森陽一・佐藤秀峰、『娚の一生』『姉の結婚』の西炯子、『しろくまカフェ』のヒガアロハなど。2018年5月1日に、NHN comicoが運営するマンガ・ノベルアプリ「comico」の編集長に就任。

 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

新人漫画家への心得の書【前編】

;