2019年春、ロシアで。取材こぼれ話2

宇都宮直子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

 ミーシン先生と引き合わせてくれた運命に感謝しています。また、私たちはとてもよい関係にありますので、その関係を保てている運命にも感謝しています」
 彼女の表情は、晴れ晴れしていた。師を信じ、敬う姿勢が、ストレートに伝わってくる。ふたりは「とてもよい関係」なのだ、たしかに。
 
 今シーズン、トゥクタミシェワはグランプリシリーズ2試合に出場し、2度、3位になった。ファイナルへの出場は叶わなかった。
 だが2019年12月現在、彼女は4回転トゥループを成功させている。4回転ルッツの練習を始めたとも報道された。
 トゥクタミシェワが、これから4回転時代に割って入るとすれば、まさに快挙と言えるだろう。22歳からの技術的な挑戦は、それこそ、ひとことでは言い表せないほど難しい。
 アレクセイ・ミーシンは、何かを諦める指導者ではないし、エリザベータ・トゥクタミシェワもそうだ。大いに期待したい。
 話をすべて終えると、トゥクタミシェワは言った。
「本が出たら、送ってくださいね。お願いできますか?」 
「もちろんです。お送りします」
 それから、彼女はあとから来た人と一緒に店を出て行った。

 

本連載の一部あるいは全部を無断転載することは、法律で認められた場合を除き、著作権の侵害となります

1 2 3

関連書籍

羽生結弦を生んだ男 都築章一郎の道程

プロフィール

宇都宮直子

ノンフィクション作家、エッセイスト。医療、人物、教育、スポーツ、ペットと人間の関わりなど、幅広いジャンルで活動。フィギュアスケートの取材・執筆は20年以上におよび、スポーツ誌、文芸誌などでルポルタージュ、エッセイを発表している。著書に『人間らしい死を迎えるために』『ペットと日本人』『別れの何が悲しいのですかと、三國連太郎は言った』『羽生結弦が生まれるまで 日本男子フィギュアスケート挑戦の歴史』『スケートは人生だ!』ほか多数。2020年1月に『羽生結弦を生んだ男 都築章一郎の道程』を、また4月には『三國連太郎、彷徨う魂へ』が刊行されている。

 

 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

2019年春、ロシアで。取材こぼれ話2

連載