著者インタビュー

新人漫画家への心得の書【後編】

『読者ハ読ムナ(笑)』 企画者・武者正昭氏インタビュー

武者正昭
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

——最後のひとつ、というのは何でしょうか?

3つ目は、「作家」という生き方に対する理解。まさに、この本にも書かれている内容です。「新人はこんなことを考えて悩んでるんだ」っていうことを全く理解していないと、往々にしてディスコミュニケーションにつながります。

新人は悩みが尽きないわけですよ。たとえ売れてきたって、いつ売れなくなるかわからないし、人気が無くなるかもしれない。漫画の世界は人気商売ですから。そういうクリエイター心理や立場をじゅうぶんに踏まえていないと、無茶な要求をしてしまったり、心無い言葉で傷つけてしまったりする。

クリエイターは繊細な人たちが多いです。というか、たぶん繊細だからクリエイターになれるんですね。対して、こちら側は会社員で、立場の違いもある。そういうのをわかった上で話をする。そうしたら、「ああ、この人はわかってくれてる」ということで、関係性もつくれるんですよね。

そんなことを編集者は考えないとダメだと思います。クリエイターがストレス無く作品に向かえるようにするのが、編集者の役割の大きな部分なので。

とりあえず、この3つができたら、まず言うことが無いでしょう。なかなかできないんですけどね。僕もこんな風に偉そうなことを言っていますけど、「じゃあ武者さんは全部できているんですか」って言われると、たぶん「いや、できないこともあります、すみません」ということになってしまいます。ただ、その辺りは意識していますね。意識していると、ちょっと違ってくるんじゃないでしょうか。

……と、言い訳を(笑)。

撮影:内藤サトル

次ページ  カウンセラーの資格も取りました
1 2 3 4 5
 前の回へ

関連書籍

『読者ハ読ムナ(笑):いかにして藤田和日郎の新人アシスタントは漫画家になったか』

プロフィール

武者正昭

1957年東京都生まれ。早稲田大学卒。1981年(株)小学館に入社。「少年サンデー」「ヤングサンデー」「ビッグコミック」「ビッグコミックスピリッツ」など、これまで編集として数多くのマンガ誌に携わり、「flowers」「Cheese!」では編集長を務めた。編集としてのキャリアは30年を超える。これまで輩出したミリオンセラー作家は、『健太やります!』の満田拓也、『行け!!南国アイスホッケー部』の久米田康治、安西信行、菊田洋之、きらたかし、なかいま強、『うしおととら』の藤田和日郎、『海猿』の小森陽一・佐藤秀峰、『娚の一生』『姉の結婚』の西炯子、『しろくまカフェ』のヒガアロハなど。2018年5月1日に、NHN comicoが運営するマンガ・ノベルアプリ「comico」の編集長に就任。

 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

新人漫画家への心得の書【後編】

;