宇都宮直子 スケートを語る 第7回

ジャンプの王様

宇都宮直子
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

 突然だが、私は『三國連太郎、彷徨う魂へ』(文藝春秋)を2020年4月に刊行した宇都宮直子である。

 話題の書籍『女帝 小池百合子』(文藝春秋 )26ページの「ノンフィクションライター、宇都宮直子」も私である。

『女帝 小池百合子』は爆発的に売れている。それゆえ、友人知人、編集者から連絡を多く頂戴する。

 曰く、

「名前が出ていましたね」

 過去、私はヒューマンドキュメントをたくさん書いていた。小池百合子氏についても綴った。件の書籍には、その内容が取り上げられているのだ。

 なぜこんな話をするのかというと、同業者に「宇都宮直子」さんがいらっしゃるからである。

 宇都宮さん(面識はない)が原稿を発表されると、かなり高い確率で、友人知人、編集者から連絡がくる。

 そのたびに、「それは私ではありません」と答えるのだが、そろそろ公にしておくべきだと思う。

 と言うのも、私は体調を崩しやすい。仕事が難しい局面も幾度かあった。そういうときに、宇都宮さんと混同されるとけっこう困るのである。

「目眩で起き上がれないはずなのに、どこそこへ出向いている」と人に誤解されるのだ。これはよくない。問題だ。もちろん、間違われて困るのは、宇都宮さんも同じだろう。

 私はこれからしばらく、フィギュアスケート中心に原稿を書いていきたいと考えている。医療や人物に書きたいテーマ、人があるが、それに取り組むのは北京オリンピック(2022 年)が終わってからだ。

 新型コロナウイルスの影響で、今シーズンもどうなるのかわからない。それでも、私はフィギュアスケートについて語っていたいのである。

 これから、ジャンプの王様の話をする。

 基本的にはアクセルの話だが、羽生結弦の話でもある。今回は序章と思っていただきたい。以降、続けてしたためる。

次ページ  都築章一郎だから語れる、羽生結弦の話
1 2
 第6回
第8回 
宇都宮直子 スケートを語る

ノンフィクション作家、エッセイストの宇都宮直子が、フィギュアスケートにまつわる様々な問題を取材する。

関連書籍

羽生結弦を生んだ男 都築章一郎の道程

プロフィール

宇都宮直子

ノンフィクション作家、エッセイスト。医療、人物、教育、スポーツ、ペットと人間の関わりなど、幅広いジャンルで活動。フィギュアスケートの取材・執筆は20年以上におよび、スポーツ誌、文芸誌などでルポルタージュ、エッセイを発表している。著書に『人間らしい死を迎えるために』『ペットと日本人』『別れの何が悲しいのですかと、三國連太郎は言った』『羽生結弦が生まれるまで 日本男子フィギュアスケート挑戦の歴史』『スケートは人生だ!』ほか多数。2020年1月に『羽生結弦を生んだ男 都築章一郎の道程』を、また4月には『三國連太郎、彷徨う魂へ』が刊行されている。

 

 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

ジャンプの王様

連載