プラスインタビュー

スノーボーダーとして真面目に生きる【最終回】

國母和宏が譲れなかったこと

國母和宏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

──予告編を見ただけでチビリそうになりましたが、今回はどんなところで撮影をしたんですか。

國母 1月から撮影を始めたんですけど、最初は岐阜の白川郷に行きました。白川郷で10日間やって、次に北海道で10日間やって、それからカナダで2~3か月滑りました。カナダには、パウダースノーがなくなるまでいました。そのあとはアメリカのスキー場で撮って、上がったのは5月の中ぐらいですかね。これまででいちばん忙しいシーズンでした。

──これまでも白川郷で滑ったことはあったんですか。スノーボードのムービーというと、カナダとかアラスカとか、国内だと北海道みたいな大きな土地の、大きな山というイメージがありますが。

國母 国内だと北海道ばっかで、いちばん最後に本州で滑ったのは10年ぐらい前だった。でも、今回のプロジェクトが決まって、今までと違うものを撮りたかった。そこで狙ったのが白川郷だった。あんまり知られてないんですけど、あそこらへんって、すごいいい山があって。ただ、アクセスが悪い。国内だとほとんど国立公園なのでヘリコプターは使えないし、岩らだけで急だからスノーモービルも使えない。でも6時間くらい登ったら、すごくいい斜面があるんですよ。

断崖絶壁に観客も息を呑む

次ページ  雪崩のリスクとも向き合う一発勝負
1 2 3
 前の回へ

プロフィール

國母和宏

1988年生まれ、北海道石狩市出身。4歳からスノーボードを始め、2003年、わずか14歳でUSオープンの表彰台に立つ。06年トリノ、10年バンクーバーと2度の五輪出場経験を持つ日本スノーボード界の第一人者。16年に最も権威のあるコンクール「RIDERS POLL 18」で「年間ベストビデオパート賞」を受賞。

11月に初の個人DVD『神風 KAMIKAZU』(税込3,500円)発売。

 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

スノーボーダーとして真面目に生きる【最終回】

;