プラスインタビュー

スノーボーダーとして真面目に生きる【最終回】

國母和宏が譲れなかったこと

國母和宏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

──もうほとんど冬山登山ですね……。

國母 スノーシューをはいて登っていくんですけどピークまでは4時間、そこからピークの尾根づたいにさらに2時間歩くと滑り出すポイントに到着する。10日間滞在して、そこまで行けたのは2日だけでしたね。雪はけっこう降ってたんですけど、晴れると1日、2日で湿ってダメになっちゃう。雪崩の危険性も高いところで、ぴりっぴりな感じなんですよね。緊張感がすごい。滑り降りてくるだけなら登りさえすればできますけど、その中で、俺らはジャンプとかも入れていかないといけない。相当リスキーですよね。せっかくポイントまでたどり着いても、一発ジャンプを飛んで失敗したらそれで終わりですから。

──今回は、それもうまくいったわけですね。

國母 そこは観てからのお楽しみということで。

──10月4日、ポートランドで最初の試写会があったそうですが、そのときの反応はどうでしたか。

國母 編集や撮影に関わった人への初のお披露目の席だったので、ほとんどが業界の人でした。歩夢など出演したライダーも駆けつけてくれました。上映している間は緊張し過ぎて、あんまり覚えていません。上映が終わったときはスタンディングオベーションがなかなか鳴り止まず、涙をこらえるのに必死でしたね。

取材・構成/中村計 撮影/工藤了

協力/PRESSCAFE

1 2 3
 前の回へ

プロフィール

國母和宏

1988年生まれ、北海道石狩市出身。4歳からスノーボードを始め、2003年、わずか14歳でUSオープンの表彰台に立つ。06年トリノ、10年バンクーバーと2度の五輪出場経験を持つ日本スノーボード界の第一人者。16年に最も権威のあるコンクール「RIDERS POLL 18」で「年間ベストビデオパート賞」を受賞。

11月に初の個人DVD『神風 KAMIKAZU』(税込3,500円)発売。

 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

スノーボーダーとして真面目に生きる【最終回】

;