プラスインタビュー

スノーボーダーとして真面目に生きる【第2回】

國母和宏が譲れなかったこと

國母和宏
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

──想像する収入からすると……すごく質素な生活をしてますね。札幌郊外のご自宅も拝見しましたが、広い土地の半分以上は庭と畑で、ログハウスはそんなに大きいわけでもない。車も軽自動車と普通の国産のワゴンでしたよね。時計もGショック。プロ野球選手みたいに、高級腕時計をして、高級車に乗って……という願望はないんですか。

國母 ぜんぜん興味ないですね。そういうの、恥ずかしいんですよ。大したことないのに、何やってんだよっていう。それに、きれいな服とか、きれいな車って、気を遣うじゃないですか。でかけるときはきれいな服を着るけど、飼ってる犬(2匹のバセットバウンド)と遊びたいので、普段はボロボロの服の方がいいんです。昔は古着をけっこうよく買っていましたが、ここ5年くらいは服も買ったことがないですね。スポンサーが提供してくれる服があれば十分なので。

──周りのボーダーたちは、どんな生活をしているんですか。

國母 金持ってるやつでも、山にでっかい土地を買って、人目を気にせず好きに生活してますね。街なんて疲れんじゃんっていう人ばっかりだから。そもそも俺がスノーボーダーに憧れたのは自由なところだから。だらしない服を着てても、酒を飲んだくれてても、スノーボードはすごいうまいみたいな。遊んでるみたいに見えた。いい服を着て、いい車に乗って、いいとこ住んでっていうのはまったく頭になかった。稼げるようになって変わったのは、漫画を大人買いするようになったことぐらい? あと、古い車は好きかな。

お気に入りの古いピックアップトラック

──古いというのは、クラシックカー?

國母 いや、クラシックカーというより、単に古い車です。日本だと古い車って持ちにくいですけど、アメリカだとすぐ手に入るから。最近はカナダでピックアップトラックを買って、後ろにスノーモービル載っけられるようにしました。車自体は100万くらいで、いろいろ直してもらったんで、プラス50万くらいかな。気に入ってます。

次ページ  公式ウェアの着崩しは「憧れてきたスノーボーダー像」
1 2 3 4
 前の回へ
次の回へ 

プロフィール

國母和宏

1988年生まれ、北海道石狩市出身。4歳からスノーボードを始め、2003年、わずか14歳でUSオープンの表彰台に立つ。06年トリノ、10年バンクーバーと2度の五輪出場経験を持つ日本スノーボード界の第一人者。16年に最も権威のあるコンクール「RIDERS POLL 18」で「年間ベストビデオパート賞」を受賞。

11月に初の個人DVD『神風 KAMIKAZU』(税込3,500円)発売。

 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

スノーボーダーとして真面目に生きる【第2回】