対談

宮治が『笑点』に出るようになってわかった。一之輔「芸人が売れるって、こういうことなんだな」

春風亭一之輔×桂宮治

40代落語家の二大スターと言っていいだろう。
業界の第一勢力・落語協会の春風亭一之輔(44歳)は、滅多に人を褒めなかった人間国宝の故・柳家小三治をして「久々の大物」と言わしめた逸材。落語を初めて聴く「渋谷ギャル」を爆笑させ、その一方で、目の肥えた年配の落語通をも唸らせる。
片や第二勢力・落語芸術協会の桂宮治(45歳)は、スーパーなどの店頭販売員から30歳過ぎて落語家に転身。常にギア全開が持ち味で「令和の爆笑王」の異名を持ち、今年4月からは、長寿番組『笑点』のレギュラーにもなった。
学生時代の学年は宮治が1つ上だが、入門は一之輔の方が7年先。したがって落語界では一之輔の方が先輩になる。
一之輔が宮治のことを「後輩ではなく、ライバル」と言えば、宮治は一之輔を「もはや人間じゃないかも」と仰ぎ見る。
互いの才能を認め合う2人は、とにかく馬が合う。そんな2人のけなし合い、もとい、ジャレ合いから、落語という「禁断の果実」に手を出してしまった者たちの快楽と苦悩が垣間見える。(全4回の1回目/234回目へ)

構成/中村計 写真/今津聡子

──宮治さんが今年から『笑点』の新メンバーになり、一之輔師匠の言う通りになったなと思っていました。いつも「宮治は本気で(笑点レギュラー)狙ってますから」と話していたので。
一之輔 本当のところ、宮治が狙ってるかどうかはわからなかったけど、いちばん近いところにいるだろうなとは思っていました。
──前レギュラーの林家三平さんの降板が発表されてからというもの新メンバー候補が何人も取り沙汰されていましたが、一之輔さんは当然もう……。
一之輔 うん、「宮治一択」だろうと。そうしたら、やっぱり宮治になった。イギリスのブックメーカーが賭けの対象にしてくれてたら儲かったのに。
宮治 目当ては金賭け。
一之輔 そうだよ。

笑点メンバーの大本命?

──予想レースが盛り上がる中、当時は女性として初めて春風亭ぴっかり☆(3月21日から蝶花楼桃花に改名)さんが選ばれるのではと言う声も多く聞かれましたが、実際のところはどうだったのでしょうか。内輪では、やはり宮治さんが大本命だったのですか。
宮治 いや、(一之輔)兄さんはこう言ってくれてますけど、僕だとは思ってる人は少なかったと思いますよ。(現レギュラーの)たい平師匠とかぶってるという見方もあったので。
一之輔 かぶってるって何が?
宮治 髪型とか(※2人とも極端に短いソフトモヒカン風)。
一之輔 髪型って重要?
宮治 重要です。
一之輔 ちょんまげのカツラかぶってるみたいだもんね。
宮治 黙れ!

次ページ 「歌丸師匠からNGが出た」って言うから……
1 2 3
次の回へ 

プロフィール

春風亭一之輔×桂宮治
春風亭一之輔(しゅんぷうてい いちのすけ)

1978年、千葉県生まれ。落語家。日本大学芸術学部卒業後、春風亭一朝に入門。2012年、21人抜きの抜擢で真打昇進。2010年、NHK新人演芸大賞、文化庁芸術祭新人賞を受賞。2012年、2013年に二年連続して国立演芸場花形演芸大賞の大賞を受賞。寄席を中心に、テレビ、ラジオなどでも活躍。

桂宮治(かつら みやじ)

1976年10月7日、東京都品川区出身。2008年2月、桂伸治に入門。2012年3月、二ツ目昇進。同年10月、NHK新人演芸大賞受賞。2021年、5人抜きの抜擢で真打昇進。「成金」メンバーでは三代目柳亭小痴楽、六代目神田伯山に続く、単独での真打昇進披露となる。2022年より日本テレビ系『笑点』の新メンバーに就任。

集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

宮治が『笑点』に出るようになってわかった。一之輔「芸人が売れるって、こういうことなんだな」