特設エッセイ 羽生結弦は捧げていく 第5回

四大陸選手権から、8年前の、そして現在の羽生結弦を思う

高山真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

「全身がポテンシャルでできている」と表現したくなるような若いスケーターの演技を見るのは、本当に震えるような驚きと感動があります。

 私はフィギュアスケートだけでなく体操競技やテニスを見るのも好きです。

「ひとりの選手がキャリアを積んでいく過程で、段階的に、ときには飛躍的に成長を遂げていく。その姿を観客として目撃できる」

 これは、私にとって、スポーツを観戦するもっとも大きな醍醐味のひとつです。そのスポーツを長く好きでいればいるほど、この喜びに観客として立ち会える回数も増えるのです。

 羽生結弦のこの演技から8年が経っています。この8年間、羽生結弦は、ジャンプの種類だけでなく、ジャンプ前後のトランジションも、スピンの前後のトランジション、そして演技全体のトランジションも、こちらの想像をはるかに超える密度、難度で高めてきました。

 私にとって羽生のその姿は、内村航平が2009年に世界王者になってからもその立場に安住することなく、次々に新しい技に取り組み、それを試合で披露してきた(それも素晴らしいクオリティで!)姿と重なるのです。

 

 すでに世界のスポーツ史にその名を大きく刻んだふたりのアスリートから、観客として、私はすでに充分すぎるほどの幸福を与えてもらっています。

 フィギュアスケートの世界選手権まで、1ヶ月足らず。羽生結弦本人が納得した状態で試合を迎えられますように。そのとき私は、また「新しい幸福」を目撃することができるでしょう。その新しい幸福は、きっと、観客ひとりひとりの人生に、新しい形のインスピレーションを与えてくれるはずです。

 

 

本連載の一部あるいは全部を無断転載することは、法律で認められた場合を除き、著作権の侵害となります

1 2 3 4
 第4回
第6回 
特設エッセイ 羽生結弦は捧げていく

『羽生結弦は助走をしない』に続き、羽生結弦とフィギュアスケートの世界を語り尽くす『羽生結弦は捧げていく』。本コラムでは『羽生結弦は捧げていく』でも書き切れなかったエッセイをお届けする。

関連書籍

羽生結弦は捧げていく

プロフィール

高山真

エッセイスト。東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業後、出版社で編集に携わる。著書に『羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界』『恋愛がらみ。不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ』『愛は毒か 毒が愛か』など。

 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

四大陸選手権から、8年前の、そして現在の羽生結弦を思う

連載