宇都宮直子 スケートを語る 第22回

I LOVE YOU

宇都宮直子

みなさん

おひさしぶりです

 

1がつのおわりに

ミシガンにもどってから

日本にいくじゅんびをして

せんしゅう

ぼくのあぱーとのものと

たくさんの

たのしい

エクササイズのもの

日本におくったです

 

これから

キャシーといっしょに

日本の

アイスダンスを

ニューエイジにする

あたらしい

むずかしい

ジャーニーのはじまりです

 

たのしみだよ!

 

でも

この

コロナウィルスで

日本にいくのが

おくれます

 

はやく

コロナウィルスがなくなってほしいな…..

みんな

きをつけてね

 

クリスより

 

 

 私は来年、二冊の本を刊行する。そのうちの一冊に、キャシーとクリスへの感謝を綴るつもりでいる。むろん、クリスへの哀惜の念を込めてだ。

 ふたりは、日本のアイスダンスにしっかりと足跡を残した。果たした役割は大きい。だからこそ、多くのファンに愛されたのである。

 

次ページ  『私は日本人』という思い
1 2 3 4
 第21回
宇都宮直子 スケートを語る

ノンフィクション作家、エッセイストの宇都宮直子が、フィギュアスケートにまつわる様々な問題を取材する。

関連書籍

羽生結弦を生んだ男 都築章一郎の道程

プロフィール

宇都宮直子

ノンフィクション作家、エッセイスト。医療、人物、教育、スポーツ、ペットと人間の関わりなど、幅広いジャンルで活動。フィギュアスケートの取材・執筆は20年以上におよび、スポーツ誌、文芸誌などでルポルタージュ、エッセイを発表している。著書に『人間らしい死を迎えるために』『ペットと日本人』『別れの何が悲しいのですかと、三國連太郎は言った』『羽生結弦が生まれるまで 日本男子フィギュアスケート挑戦の歴史』『スケートは人生だ!』ほか多数。2020年1月に『羽生結弦を生んだ男 都築章一郎の道程』を、また4月には『三國連太郎、彷徨う魂へ』が刊行されている。

 

 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

I LOVE YOU