特設エッセイ 羽生結弦は捧げていく 第14回

『24時間テレビ』の羽生結弦の演技に感じた「今シーズンの希望」

高山真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

 これも書いたことがあるかと思いますが、私は『24時間テレビ』で羽生の演技を見た後、「いいものを見せてもらったチケット代」のつもりで少額ながら寄付をしています。もちろんこれは「すべての人が同じことをすべき」と言っているわけでは決してありません。人それぞれに事情がおありになるのは当然ですから。

 これはあくまでも、私なりのやり方です。最初に申した通り、「自分の日々の生活のありようを再考する」ための、行動のひとつなのです。

 

 今回の羽生のスケーティングから、

「単に『エッジが深い』というだけではなく、『エッジの深浅を自在に操る』という持ち味が、さらに明確になった」

「大きなカーブと、鋭いターンの組み合わせに、さらなるなめらかさが加味された」

 と感じたのは、私だけではない……と感じています。

 間もなく始まるオータムクラシックで、何が見られるか。何を見せてくれるのか。そこから、何を感じ取ることができるのか……。

 本格的なシーズンの開幕を前に、私はただただ心を躍らせています。

 今シーズンも現役選手としての活動を続けてくれる羽生結弦に、あらためて感謝とリスペクトを捧げつつ。

 

 

本連載の一部あるいは全部を無断転載することは、法律で認められた場合を除き、著作権の侵害となります

1 2 3 4
 第13回
特設エッセイ 羽生結弦は捧げていく

『羽生結弦は助走をしない』に続き、羽生結弦とフィギュアスケートの世界を語り尽くす『羽生結弦は捧げていく』。本コラムでは『羽生結弦は捧げていく』でも書き切れなかったエッセイをお届けする。

関連書籍

羽生結弦は捧げていく

プロフィール

高山真

エッセイスト。東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業後、出版社で編集に携わる。著書に『羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界』『恋愛がらみ。不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ』『愛は毒か 毒が愛か』など。

 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

『24時間テレビ』の羽生結弦の演技に感じた「今シーズンの希望」