ニッポン巡礼 kotoba連載版②

羽後町田代、阿仁根子(秋田県)

アレックス・カー

舞踏と写真の聖地

 

 七曲の峠道は、田代の集落にある「長谷山家」という豪農の旧邸宅に辿り着くように敷かれています。その長谷山邸の一画にある土蔵に、「鎌鼬美術館」が設けられています。そこには『鎌鼬』に掲載された写真をはじめ、関連した資料が展示されていて、小規模な美術館ですが、舞踏の歴史を知る時に欠かせない特別な場所です。長谷山家の子孫で「鎌鼬の会」理事長の長谷山信介さんが、羽後町に寄付したお屋敷と、美術館を案内してくれました。私は「聖地」に辿り着いた思いで、館内を拝見しました。

鎌鼬美術館

 土方は『鎌鼬』の撮影後、東北の地に戻ってくることはほとんどありませんでした。しかし、彼の心には常に「東北」がありました。

 舞踏の哲学を問われた時、彼は自身の原点としての東北を秋田なまりで語り続けたといいます。彼が語りたかった東北は、「土」「水」「田んぼ」などの自然、茅葺きの「家」、共同稲作の「村」という、素朴な人間社会のことでした。秋田の土地には、歴史を(さかのぼ)ること数万年前の、文明が生まれる以前の雰囲気が宿っていて、その原始的な感覚が土方にインスピレーションを与えたのではないでしょうか。

『鎌鼬』は、細江英公という一人の写真家が、あるビジョンをもって創造した芸術作品でもあります。実際に、土方の多くの動きは、細江の演出によるものでした。出版から五〇年以上過ぎた今、当時の村の姿、舞踏が生まれたルーツを知るための唯一残された手がかりが、この写真集です。しかし、世界中にいるButohの踊り手が憧れる『鎌鼬』の世界は、彼らが思う「純な舞踏」というよりは、細江のイメージによって築かれた幻想といってもいい。その意味で、田代は舞踏だけでなく、「写真の聖地」ともいえるのです。

 さて、舞踏家が田代へ来ると、どうしても土方の真似をしたくなります。たとえば、『鎌鼬』の中に、田んぼの稲架の上に(からす)がとまるように腰をかけ、彼方を茫洋(ぼうよう)と見つめる土方をとらえた一枚があります。マイケル・サカモトは稲架の上に登ってポーズを取りました。ほかにも奇妙な表情を浮かべながら浴衣姿で踊ったりしながら、土方に自身を重ねました。

『鎌鼬』には土蔵で土方が「うらめしや~」のポーズを取った写真があります。その場所に案内された際には、舞踏家とは程遠い私でさえ、ついそんな気分になって、同じ格好で写真を撮ってしまいました。

次ページ  里の一帯が美術館である
1 2 3 4 5 6
 kotoba連載版①
kotoba連載版③ 
ニッポン巡礼

著名な観光地から一歩脇に入った、知る人ぞ知る隠れた場所には、秘められた魅力が残されている。東洋文化研究者アレックス・カーが、知られざるスポットを案内する「巡礼」の旅が始まる。

関連書籍

ニッポン景観論

プロフィール

アレックス・カー

東洋文化研究者。1952年、米国生まれ。77年から京都府亀岡市に居を構え、書や古典演劇、古美術など日本文化の研究に励む。景観と古民家再生のコンサルティングも行い、徳島県祖谷、長崎県小値賀島などで滞在型観光事業や宿泊施設のプロデュースを手がける。著書に『美しき日本の残像』(朝日文庫、94年新潮学芸賞)、『ニッポン景観論』(集英社新書)、『観光亡国論』(清野由美と共著、中公新書ラクレ)など。

 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

羽後町田代、阿仁根子(秋田県)