特設エッセイ 羽生結弦は捧げていく 第21回

全日本選手権から四大陸選手権へ。羽生結弦の「羽化直前の格闘」を思う

高山真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

 さなぎから蝶へ。しかしアスリートは、さなぎの時期にずっと休んでいることができません。誰もが、さなぎのままで努力を続けています。鍛錬を続けながら、羽化の時期を待っている。もしかしたら、今シーズンの序盤に苦しい試合を続けていた宇野昌磨も、そんなふうに羽化の時期を待っていたのかもしれません。

 これも何度も書いていることですが、フィギュアスケートファンの私にとって、羽生結弦は「好きなスケーターのひとり」という以上に「絶対的に信頼しているスケーターのひとり」という位置づけです。

 羽生結弦の「羽化」という言葉を借りるなら、羽生に文字通りの「新しい羽が生えてくる」のを、ただ待っています。それをずっと成し遂げてきたスケーターですし、これからもそれができるスケーターであることを私は確信しているのです。

 

 羽生自身がもっとも強く待ち望んでいるはずの「羽化」の瞬間。誰よりも羽生結弦のために、その時が来てほしい。ですから、私はただただ、これ以上のケガがないことだけを祈りつつ、これからの羽生結弦のスケートを心待ちにしたいと思います。

 

本連載の一部あるいは全部を無断転載することは、法律で認められた場合を除き、著作権の侵害となります

1 2 3 4 5
 第20回
特設エッセイ 羽生結弦は捧げていく

『羽生結弦は助走をしない』に続き、羽生結弦とフィギュアスケートの世界を語り尽くす『羽生結弦は捧げていく』。本コラムでは『羽生結弦は捧げていく』でも書き切れなかったエッセイをお届けする。

関連書籍

羽生結弦は捧げていく

プロフィール

高山真

エッセイスト。東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業後、出版社で編集に携わる。著書に『羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界』『恋愛がらみ。不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ』『愛は毒か 毒が愛か』など。

 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

全日本選手権から四大陸選手権へ。羽生結弦の「羽化直前の格闘」を思う

連載