ニッポン巡礼 kotoba連載版①

日吉大社、慈眼堂、石山寺(滋賀県)

アレックス・カー
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

奥宮

 

 日吉大社の数多い社殿の大半は、山の麓に位置していますが、大社が位置する八王子山の上に「奥宮」があります。そこでは、「金大巌(こがねのおおいわ)」と呼ばれる巨石がご神体として祀られており、その金大巌を挟んで、「牛尾宮」「三宮宮」という、二つの社が立ち並んでいます。山の下からはもちろん見えません。西本宮の窓口で聞くと、奥宮までは片道で三〇分以上かかるとのこと。雨が降るなか、軽装で山道を一時間かけて上り下りすることは難しいと思い、最初は諦めました。

 しかし、日吉と天台密教との深い関係を目の当たりにしたせいか、私の思考も密教的になっていました。密教の修行は、段階を一段ずつ踏んで、奥へ奥へと、悟りの境地に近づいていくらしい。そうだ、奥宮まで上らないといけない。

 奥宮へと続く石段は、人間よりも巨人の足に合わせたような高さで、その段差を上り下りすることは、決して楽なことではありませんでした。しかし、たどり着いた先には、再び桃山様式の優美な社殿二棟が、清水寺の舞台のような造りで斜面に立っていました。眼下には、大津の市街地や琵琶湖が広がり、まるで「天空の宮」にいるような気分です。二棟の社殿の間には、苔むした金大巌が、おごそかにそびえ、太古にこの石から山王の神様が現れたのではないか、とごく自然に思わされます。

 日本はよく「木の文化」と称されますが、実は「石の文化」でもあります。殊(こと)に古代神道における石への崇拝は根強く、神社を訪れることは石との出会い、といっても過言ではありません。

 山では、行きも帰りも誰ともすれ違うことはありませんでした。

奥宮

奥宮眼下の景観

次ページ  日光東照宮と慈眼堂
1 2 3 4 5 6 7
kotoba連載版② 
ニッポン巡礼

著名な観光地から一歩脇に入った、知る人ぞ知る隠れた場所には、秘められた魅力が残されている。東洋文化研究者アレックス・カーが、知られざるスポットを案内する「巡礼」の旅が始まる。

関連書籍

ニッポン景観論

プロフィール

アレックス・カー

東洋文化研究者。1952年、米国生まれ。77年から京都府亀岡市に居を構え、書や古典演劇、古美術など日本文化の研究に励む。景観と古民家再生のコンサルティングも行い、徳島県祖谷、長崎県小値賀島などで滞在型観光事業や宿泊施設のプロデュースを手がける。著書に『美しき日本の残像』(朝日文庫、94年新潮学芸賞)、『ニッポン景観論』(集英社新書)、『観光亡国論』(清野由美と共著、中公新書ラクレ)など。

 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

日吉大社、慈眼堂、石山寺(滋賀県)