特設エッセイ 羽生結弦は捧げていく 第16回

山本草太が放つ「嘘のない意志」に勇気をもらう

高山真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Clip to Evernote

 ショート、フリーとも、

「国際競技会において着実に階段を上っているし、今後もさらなる高みに行けるはず」

 と感じられるプログラムだったと感じています。

 この競技会で優勝した田中刑事も、素晴らしい演技でした。田中の演技についても、このシーズン中に書かせていただくチャンスがあることを願っています。

 

 このコラムの最初で申し上げた通り、私には「ギリギリまで自分の体と向き合い、身体表現に挑戦する」という経験自体ありません(病気をめぐる自分の体との向き合いはありますが)。

 山本草太のスケーティング、演技が、私は本当に好きですが、それ以上に尊敬しているのは、

「度重なるケガに見舞われても、長いリハビルの間でも『世界の舞台で戦う』という意志を切らさないでいてくれた」

 という、その強さかもしれません。

 私はフィギュアスケートというスポーツが大好きですが、それは競技そのものの激しさ、強さ、美しさが好きなのと同時に、

「自分よりはるかに若い人たちが、それぞれ自分自身に課した高いハードルに真摯に向き合い、なんとか超えていこうとする、その姿勢の尊さに、多大なる勇気やインスピレーションをもらっているから」

 という部分も大きいのです。

 

 8月のシニア合宿中におこなわれた山本草太のインタビューが、Youtubeの「フジテレビSPORTS」でアップされています。私はその様子をあらためて思い返しました。

 ジャンプの練習は怖くないか、という質問に、

「だいぶそういう不安感とかは、もうなくなりました」

「(試合で)しっかりと決めれるように、練習をかなり増やしています」

 と答えていた姿。その答えにまったく嘘がなかったことを、今回のショートとフリーから、私はしっかり感じ取ることができました。それはすなわち、山本草太が、本当に自分自身と厳しく向き合ってきたことを意味します。

 

 山本草太だけでなく、どのスケーターも、時に理不尽なほどに過酷な状況の中で、それでも前を向いて努力を続けている。

 本格的なシーズン到来を喜びつつ、観客である私は、これからも彼ら、彼女たちのその姿勢こそをいちばんにリスペクトしつつ、その演技を心待ちにしたいと思います。

 

 

本連載の一部あるいは全部を無断転載することは、法律で認められた場合を除き、著作権の侵害となります

1 2 3 4 5 6
 第15回
特設エッセイ 羽生結弦は捧げていく

『羽生結弦は助走をしない』に続き、羽生結弦とフィギュアスケートの世界を語り尽くす『羽生結弦は捧げていく』。本コラムでは『羽生結弦は捧げていく』でも書き切れなかったエッセイをお届けする。

関連書籍

羽生結弦は捧げていく

プロフィール

高山真

エッセイスト。東京外国語大学外国語学部フランス語学科卒業後、出版社で編集に携わる。著書に『羽生結弦は助走をしない 誰も書かなかったフィギュアの世界』『恋愛がらみ。不器用スパイラルからの脱出法、教えちゃうわ』『愛は毒か 毒が愛か』など。

 
集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

山本草太が放つ「嘘のない意志」に勇気をもらう