対談

「日本の劣化」を食い止めるカギは「森のようちえん」にある!?【中編】

宮台真司×おおたとしまさ

いま日本中で急速な広がりを見せている、注目すべき幼児教育のムーブメントがあります。自然のなかで子どもたちを自由に遊ばせながら育てる幼児教育・保育活動、通称「森のようちえん」です。そんな森のようちえんを教育ジャーナリスト・おおたとしまささんが徹底取材し、集英社新書『ルポ 森のようちえん』にまとめました。

実は、同書を大絶賛しているのが社会学者の宮台真司さん。宮台さんはこれからの日本社会の希望を「森のようちえん」に見出しているとのことですが、いったいどういう意味なのでしょうか? 幼児教育や子育てを通して、これからの日本社会が変わっていく可能性があるのでしょうか? おおたさんと宮台さんによる白熱の対談、中編をお届けします。
 

社会学者・宮台真司氏(右)と教育ジャーナリスト・おおたとしまさ氏(左)

宮台 80年代に「言葉と法と損得」に閉ざされたクズである新住民が大量発生したのは、60年代の団地化が背景です。僕は子どものころたくさん引っ越ししたからわかるけど、団地にも「いい団地」と「悪い団地」があってね。

土地の文化との連続性がないニュータウン的な団地が「悪い団地」。小学校の教室に団地の子しかいない。他方、教室に団地の子も農家の子も地元商店の子も医者の子もヤクザの子もいるのが「良い団地」。

「悪い団地」で育って共同身体性を失った子が、こんどは親になって、「言葉と法と損得」に閉ざされて子育てするようになったのが80年代。このクズ親たちは、システム(市場と行政)が完備していれば子どもが育つと思い込みました。

おおた 里山的な自然環境があって、そこで育まれた独特の文化があって、そのうえに人々の暮らしがあるというように連続性がある場所では身体性も担保されやすいんだけれども、経済性優先で、さきほどの言葉を使うならロゴス100%で計算してつくられた環境では、人間が劣化していくということですよね。

宮台 それが日本の劣化の根本課題です。だとしたら、子どもを森のようちえん、あるいは森のようちえん的な環境に置くしかないじゃないですか。親や先生から言葉で命令されない、「子どもの領分」が確保された場所に置くしかない。

おおた それで宮台さんはご自身でも『ウンコのおじさん』運動とかしているわけですけれど、性愛ワークショップでも有名じゃないですか。これも同じ問題意識から始めたことなんですよね。

宮台 そう。性愛的な相手が現れたら、男にとっては女と、女にとっては男と、あるいは同性愛の相手と、「同じ世界」に入って「一つになる」ことができればいい。そのための力を取り戻させるためのワークショップです。

さっきのアフォーダンスでいうと、ふたつの異なる身体なのに、すべての事物に同じようにアフォードされる──コールされて自動的にレスポンスできる──ようになれるかどうかということです。

性愛ワークショップでわかったのは、幼少期に友達と「黒光りした戦闘状態」で団子になって一緒に遊んだ経験があるかどうかがキモだという事実。そういう経験がないひとは、いくら性愛ワークショップをやっても、もうダメなんです。

おおた 言葉を介さずに同じ世界に入る原体験をもっているひとは、大人になってからでもきっかけさえあればその感覚を取り戻すことができる。でもそもそもその原体験がないと厳しいということですね。

宮台 そう。「あの感じを思い出せ」って言って、通じるかどうかがキモだってことです。カテゴリーを超えて「同じ世界」で「一つになる」感覚。それを思い出せれば、性愛だけじゃなく、いろんな人間関係が変わります。

その感覚があれば、「在日は敵だ」みたいなウヨ豚にも、「男は敵だ」みたいなクソフェミにもならない。愛国者や平等主義者のつもりで、カテゴリーと結びついたステレオタイプをまき散らすおぞましい差別主義者に、ならずに済みます。

おおた だから宮台さんの性愛ワークショップというのは、決して性的興味の対象を思い通りにしようってことが目的ではなくて、人間が本来もっている共同身体性を取り戻すための入口として性愛を利用するワークショップだということですよね。

宮台 そういうことです。ちなみに、小さいときにそういう遊びの記憶がなくても、激しい武道やスポーツの訓練をしてきたひとであれば、カテゴリーを超えて「同じ世界」で「一つになる」感覚を知ってるから、やりやすいんです。

「ナンパ」って言葉は、劣化した連中の営みを指し示しがちだから嫌ですけど、気になるひとに声をかけるとき、うまくいくかいかないかは、技術の問題じゃなくて、「同じ世界」に入れるかどうかってことです。

「同じ世界」に入るっていうのは、共通にアフォードされてセンス・オブ・ワンダーが働いている状態です。そこまで説明しても「ミラーニューロンですね」とか「趣味が合うってことですか」とか頓馬なことを言うやつに、付ける薬はない。

次ページ 「クソ化」した社会で育った子どもが大人になると……
1 2 3 4
 前の回へ
次の回へ 

関連書籍

ルポ 森のようちえん SDGs時代の子育てスタイル

プロフィール

宮台真司

1959年宮城県生まれ。社会学者。映画批評家。首都大学東京教授。東京大学大学院人文科学研究科博士課程修了。社会学博士。1995年からTBSラジオ『荒川強啓 デイ・キャッチ!』の金曜コメンテーターを務める。社会学的知見をもとにニュースや事件を読み解き、解説する内容が好評を博している。著書は『私たちはどこから来て、どこへ行くのか』『日本の難点』(いずれも幻冬舎)、『14歳からの社会学』(ちくま文庫)、『社会という荒野を生きる。』(ベスト新書)、『子育て指南書 ウンコのおじさん』(共著、ジャパンマシニスト社)、『音楽が聴けなくなる日』(共著、集英社新書)など多数。

おおたとしまさ

1973年東京都生まれ。教育ジャーナリスト。1997年、株式会社リクルート入社。雑誌編集に携わり2005年に独立。数々の育児誌・教育誌の編集に携わる。新聞・雑誌・Webへのコメント掲載、メディア出演、講演多数。著書は『ルポ塾歴社会』(幻冬舎新書)、『受験と進学の新常識』(新潮新書)、『麻布という不治の病』(小学館新書)、『いま、ここで輝く。: ~超進学校を飛び出したカリスマ教師「イモニイ」と奇跡の教室』(エッセンシャル出版)、『名門校「武蔵」で教える東大合格より大事なこと』『ルポ森のようちえん』(いずれも集英社新書)、『ルポ名門校 ――「進学校」との違いは何か?』(ちくま新書)など70冊以上。

集英社新書公式Twitter 集英社新書Youtube公式チャンネル

プラスをSNSでも

Twitter, Youtube

「日本の劣化」を食い止めるカギは「森のようちえん」にある!?【中編】